読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sankyuppa

発達障害者が書く端数分の価値はあるブログ

不登校になって死にたい毎日から10年経ったけど生きてる

「死にたい」から10年経ちました

f:id:akiraxyz:20170512140539j:plain

今24歳なんですけど、毎日辛くて死にたがっていた時が14歳なんですね。
その時からなんと10年経ってました!今年で25なので11年目ですね……ちょっと気付くのに時間がかかりました。

なんで14歳の時に「死にたい」と思っていたのかというと、学校が辛かったんです。いじめもあったし、何より発達障害の診断がついていなかったので「よくわからないけどしんどい」という状態だったことをまだ覚えています。

 中2の夏休み明けから不登校になりました

 今となっては発達障害のせいだったんですよね。その当時は全然気づきませんでした……
浮いている原因は他にもありましたし、そちらに私も家族も気を取られていました。

特に女子のグループには入れませんでした。
何をするにしても「一緒に行こう」「一緒にやろう」という感覚がどうしても理解できず(トイレしないのについて行ったり)周りにしたら「なんだこいつ」とか思っていたことでしょう。いやでも未だにトイレで駄弁る意味はわかっていません。

小学生の頃は趣味も男子寄りだったため、休み時間に男子と話したりはしましたが、基本ひとりでした。しかし中学生になると「協調性がない」「自主性がない」という評価が付き始めました。

嫌な思い出すぎてもう殆ど記憶にないのですが、とにかく学校が嫌で、なんで笑われたりバカにされたりするのかわからなくて、なぜこんなに嫌われるのか理解ができなくて、私は不登校になりました。

毎日「死にたい」と思っていたけど、死にたいわけではなかった

親にいち早く包丁やカッターを隠すという対処をされ、現実的に死ぬ方法はなかったのですが、不登校になってからは毎日「死にたい」と思っていました。
けれど今になってわかったんですけど、本当に死にたいってわけではなかったんです。

もしかすると今まさに「死にたい」と思っていて、不登校真っ只中とかで、「不登校 死にたい」とかで検索してこられた方に言っておきますね、一番したいことは死ぬことではないですよね。

当時私が何より一番したかったことは「ちゃんと学校に行けるようになりたい」ということでした。ちゃんとしたいのにできないから死にたかったんです。別に理由もなく「うわちょー死にたい」ってことは勿論ないですからね。人間みんな普通は死にたくないんじゃないでしょうか。

仕事でもなんでも、結局したいことができないとか、避けたいことが避けられないとか、そういったことから「死ぬ」という選択肢が生まれると思うんですけど、その時点で出ている選択肢は「死ぬ」と「このまま頑張る」だと思いますよね、それが違うんですよ!「死ぬ」か「逃げる」しかないんです。

「死ぬ」という選択肢が出た時点で頑張る道はない

死にたいと思うくらいしんどいんです、ってなった時に、そのまま頑張るという選択をする人も勿論いると思います。頑張ることで近いうちに「死にたいこと」に対する根本的な解決がすでに見込めるならそれでもいいと思いますが、いつ現状が改善されるかわからない場合「頑張る」という選択肢はダミーです。それは「死ぬ」という選択肢が化けているだけです。

もう「死にたい」って思うほどつらいことが分かった時点で、とりあえず不登校になりましょう。勉強が追いつけないとか、進路の心配とかは一旦どこかに置いて、死にたい気持ちが落ち着くまで休みましょう。
それができなくて亡くなった同級生がいます。頑張って勉強して私立の中学校に入りましたが、将来のために無理をした結果、将来そのものが無くなりました。もちろん頑張ってきた過去も意味をなくしてしまいました。

不登校でも案外どうにでもなる

結局卒業まで教室には入れませんでしたが、勉強は家でもできましたし、通信制の高校では自分の体調に合わせて高卒資格が取れました。通学生の大学は結局駄目になりましたが、通信制の大学に編入したのでこれでも立派な大卒者です。ほとんど学生生活送ってないけどね。

私は最近になって発達障害という診断がついたので、今は進路変更に手間取っていますが、派遣社員としては(障害を除くと)問題なく働けていましたし、そのまま正規雇用のお話も頂きました。
今の不景気では普通に学校に行っていた子たちもフリーターがほとんどで、ゴール地点としてはどっこいどっこいみたいです。

この10年は満点

恥ずかしながら今は無職で、普通の人生からは少しレールが外れていますが、不登校から10年間の率直な感想は「学校に行ってなくてもどうにかなっているな」です。
なんて言ったって生きていますからね!10年前、365日死にたいって泣いていた頃から10年生きましたから!私の人生は生きてるだけで100点ですよ。仕事に就いたら200点!

今でもすごくしんどい日があります。発達障害者だとわかってからも普通の人との差を感じて落ち込むことも勿論あります。
しかし今はもう死にたいと思うことはありません。
「逃げる」という選択肢を知ってるから、死ななくても大丈夫なんです。

蛇足

あの頃から10歳老けたことには少しショックを受けました。

広告を非表示にする