Sankyuppa

発達障害者が書く端数分の価値はあるブログ

無職から脱したい

広汎性発達障害自閉症スペクトラム

先日発達障がいと診断を受けましたが、診断名がアスペルガーなのかいまいちよくわからない卯月彰と申します。皆さんいかがお過ごしですか。

自閉傾向と障がいは確実にあるとのことなのですが、所謂診断書などに書く名前が自閉症スペクトラムかどうかはっきり聞けていません。
特に診断名よりそれぞれの特性を大事にしたい先生みたいなので、診断を受けた日に明言されませんでした。

しかしこのままだと、ハローワークや支援機関などに相談しようと思ったときに発達障がいです、だけだと突っ込んだ話ができないので、次の診察の時にでも思い切って聞こうと思います。ブログのカテゴリーも変わってくるし…

障がい者手帳を手に入れるためには 

さて、診断を受けたことで晴れて(?)障がい者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を手に入れることに!と意気込んでいたのですが、そうとんとん拍子で事が進むわけでもなく…

障がい者手帳は基本、初診日の6ヶ月後から申請が可能になります。
私の場合、9月末に受診したので申請ができるのは大体4月以降となります。

ちなみに申請したらその場で手帳が発行されるわけでもなく、精神障害者保健福祉手帳の場合は申請から手帳が出るまで約2ヶ月かかるとのこと……

私の場合は…4月から2ヶ月…つまり6月……

この7ヶ月をどう過ごすか

先ほど書きました支援機関というものがあるそうで、手帳が出るまでそこでトレーニングやカウンセリングを受ける方もいるみたいです。
トレーニングの内容としてはゴミ拾いやポスティングなどのボランティアを行っているそうです。(本人の特性を考慮して内容は変わるそうです)

ただ私はトータルで1年だけでも一応の社会人経験があり、そういった人を対象とする支援機関はまだ多くないみたいです。(うちが田舎だから?)
カウンセリングも病院で受けているので、具体的に困ってから駆け込んでもいいかな、と感じました。

 

一方、もう短期間のパートに突っ込んでもいいかな~と迷っています。

しかしそうなるとパートは一般雇用の枠でしか応募できないので、少し慎重になりすぎています。
官公庁の受付業務(短期間)などの募集を見ても「あ~~受付か~~~」と二の足を踏みまくります。電話はまだできるんですけど…受付は…できるかな……

パートの事務員なんて大体女性を前提としているし、そうなると来客応対とか必然的に絡んでくるんですよね。難しい。

こちらも年末限定の増員がタイミング的にはすごく良いのですが、悩むほど応募期間に余裕がなく、見ているだけで慌ててしまいます。

ハローワーク障がい者窓口に相談だ!

なんと、ハローワーク障がい者窓口は手帳がなくても、主治医の意見書などで障がい者であることが確認できれば一般雇用でも普通のパートでも相談できるそうです。

大事なのが主治医の意見書が登録に必要だということです。手ぶらで行っても登録できません。用紙は窓口で頂けます。

大体何時間くらい働けますとか、こういうのは控えて下さいなど、主治医の意見書に基づいて仕事の相談に乗っていただけるそうです。
電話でも窓口について丁寧に教えていただけました。電話だとどうしても聞き直しなどが多いのですが、繰り返し説明していただいて…いい人に相談できました。

実際に障がい者雇用での応募ができるのは6月頃なのですが、とりあえずパートで働くことも視野に入れながらハローワークの登録に行ってみようかと思います。

広告を非表示にする