Sankyuppa

発達障害者が書く端数分の価値はあるブログ

検査結果を明日に控えての心境

9月末から通い始めた病院で発達障がいの検査を受けています。
何回かに分けて検査を受けて、ようやく明日、結果を聞きに行きます。

今の心境はとても複雑で、母親に
「結果を聞いた後、どうしていくか考えているの?」
と聞かれたのですが、正直どうやって考えたらいいのかわかりません。
どうしたらいいのかわからない、ではなく考え方がわからないというポンコツ。

結果としては、障がいの有無が一番大きな分かれ道なのでしょうが、そこから先も細かく枝分かれしそうで、今後をどこまで考えたらいいのか…といった感じです。

障がいが無かった場合

「やったー!じゃあ普通に仕事探そう!」となるなら最初から病院を頼っていないので、無いなら無いで悩むことになると思います。

逆に障がい者雇用等の選択肢が無いことで、一般雇用で頑張っていくしかない道だと思います。
みんなが当たり前にできていることを必死にこなす中、どうやってストレスを軽くしていくか?なぜか嫌だと感じることをどうやって行っていくか?普通に話しかけてくる人に対しどう対処するか?といった課題が山積みになると思います。

障がいがあった場合

まず何の障がいなのか?何が苦手なのか?手帳の申請はするのか?障がい者雇用を利用するのか?どこまで隠して、どこまでオープンにするのか?

こちらも考えることが山積み。しかし今までの「できない」や「おかしい」に対して理由が付くのは個人的にほっとすると思います。逆に理由が無いほうが自分の不出来にショックを受けるかもしれません。

障がいがあるのも恐らく相当重く捉えてしまうと思います。特に親は弟に続き私なので、健常者であってほしいというのが本音だそうです。

結果を聞きたくない

早く結果を聞きたい!!とブログでも書きましたし、生活の中でもずーっと独り言のように言っていました。結果を早く知りたいと。

しかし今の心境は「聞きたくない」と思っています。

結果に対する不安というよりは、考えすぎてどうでもよくなったというのが正しい気がします。
考えすぎて考えたくなくなった。といった感じ。

自分の考え方がぐちゃぐちゃすぎて、頭の中で風呂敷を広げすぎた、といった感じです。端から見たらややこしいやつだなと思うでしょうし、自分もまとまらない頭を動かすのがつらいです。

試験などの場では集中してすらすら頭から知識が出てくるのですが、自分のことになると急に頭の回転が悪くなります。昔からこうです。
将来のこととか、進学先とか、したい仕事とか。自分のことが一番苦手です。

結論

結局のところ、明日は来るんですよ…寝なくても明日になるんです。ならもう風呂に入って久しぶりに身なりを整えて早く寝るのが一番いいんです。

……わかってはいるんですけどね、汚い話、緊張しておなかを壊すわ、熱を出すわ、昨日はめまいで起き上がれませんでした。
今夜も眠れないんだろうな…

広告を非表示にする